請求書を現金化すれば迅速にキャッシュを手に出来る

会社と申込者・取引先の三者が関与

通常の金融機関からの融資もできないのではないか、取引先がこのような信用状の不安を抱えてしまうのは、今後の取引を踏まえると好ましくないと判断するのも尤もです。
そもそもファクタリング取引では、会社と申込者・取引先の三者が関与しています。
取引先にとってみれば、債権の帰属先が変更すれば支払先が換わることになるので重大な関心をもっています。
そのため取引先にファクタリング取引を利用する事実を通告するのが原則形態です。
どうしても取引先に知られたくないのであれば、二社間取引という選択肢もあります。
これは取引先にファクタリング取引を利用している事実は告知しないまま。
請求書現金化をするというものです。
秘密を守ることが出来る反面、コストが高めになっているのでどちらを利用するから慎重に判断するほうが良いと思います。

【拡散希望】
日本初のフリーランス向けファクタリング「即日払い」と会員登録で無料付帯され、業務中の事故を最高5,000万円まで補償する「あんしん補償」を備え、

サービス立ち上げ時より多くのフリーランスの皆様にご登録をいただいております。
https://t.co/MoDScRJq9O

— 四季 (@popfactory2_stc) October 16, 2022

日々の事業のための資金繰りをどのように切り抜けるのか / 従来からの融資手段の銀行融資やビジネスローン / 会社と申込者・取引先の三者が関与